上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 写真ブログへ←よかったと思いましたらポチッと押してください!
今日は、超広角レンズを買いに大阪まで行きました。
買う予定の「シグマ10-20mmレンズ」は在庫切れだったので予約をしました。
その後、その帰りに寄った中古レンズ屋で目を引くものが置いてありました。
80-200の2.8通しで「4万円弱!」
安!
(って、初期型なんで15年くらい前のレンズですけどね。)
現行の80-200レンズは12万ぐらいします。
(いずれ先に狙ってたのは70-200 2.8G VRですけど。)
「その間のつなぎとしていいんじゃないか!」
って考えちゃって、衝動買い。
まあ、ボクの腕ではこれで十分なわけで・・・
これで、腕を磨けばいいわけで・・・
でも今週、10万円くらいレンズで消えます・・・
今後、地獄の生活が待ってます・・・
やばい、レンズ沼にズブズブと・・・

まず、大きさを比べてみました。
左がタムの90mmマクロ、右が50のイチヨンです。
ダントツにゴツイです。
重量も1.2キロあります。
ヒマができれば、ダンベル代わりに腕が鍛えられます!(笑)
DSC_0060-2.jpg
(D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135 F3.5-5.6G(IF) 内臓ストロボ撮影)

で、80mmにズームしたところ。
DSC_0062-3.jpg
(D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135 F3.5-5.6G(IF) 内臓ストロボ撮影)

200mmにズームしたところ。
大きさが変わりません!
こんなズームレンズ使ったことがありません!
ズームを調節するリング(ズームリング?っていうのかな)は、通常の回転式ではなく、前後にスライドする「直進式」です。
慣れたら、こっちのほうが使いやすくなるらしいです。
DSC_0061-4.jpg
(D80+AF-S DX Zoom Nikkor ED 18-135 F3.5-5.6G(IF) 内臓ストロボ撮影)

簡単なレンズテストをしてみました。
(80mmは電球のフードの縁にピントをあわせ、200mmは電球の「National」の文字にピントを合わせました。
まず、開放(F2.8)80mmでの撮影。)
(部屋の中なので内臓ストロボたいてます。)
DSC_0074-1.jpg
(D80+AF Nikkor ED 80-200 2.8 内臓ストロボ撮影)

続いて、開放(F2.8) 200mmです。
かなりピントがボケボケです。
何回やってもこんなカンジです。
DSC_0076-3.jpg
(D80+AF Nikkor ED 80-200 2.8 内臓ストロボ撮影)

続いて、1段絞った(F4.0)で80mm撮影。
DSC_0072-2.jpg
(D80+AF Nikkor ED 80-200 2.8 内臓ストロボ撮影)

f4.0 200mmです。
開放のときと違ってカリカリです。
これは、ブログ用に解像度減らしてますんで、他のレンズと差がないようにみえますが、元画像はすばらしく解像度がたかいです!
(ボケはイマイチ・・・いやイマ2ですが。)
DSC_0073-2.jpg
(D80+AF Nikkor ED 80-200 2.8 内臓ストロボ撮影)

で、このレンズを愛機D80に装着したところ。
これはもうモンスターです。
なんか、撮影中根元からポキっと折れそうです。
DSCF2371-1.jpg
(Fuji Finepix F30 (Fujinon Zoom Lens 8-24mm F2.8-5.0))

正面から見たところ。
レンズでボディが見えまシェ~ン!(笑)
DSCF2370-1.jpg
(Fuji Finepix F30 (Fujinon Zoom Lens 8-24mm F2.8-5.0))

これから、望遠で本気撮りのときはこれを使って腕を鍛えます!
(技を鍛えます!筋肉ではありません。念のため。)
(それと普段は、軽いヤツでイイッス・・・)
スポンサーサイト
にほんブログ村 写真ブログへ←よかったと思いましたらポチッと押してください!
  
コメント
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://poroli.blog52.fc2.com/tb.php/62-28310209
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。